• Facebook

NEWS

エストニア・フェスティバル管弦楽団日本公演終了

東京サントリーホール

 

4月25日の浜松公演を皮切りに、福井、名古屋、大阪、広島と順調にツアーを続けてきたエストニア・フェスティバル管弦楽団は30日、東京のサントリーホールの公演でジャパンツアーの幕を閉じました。
若手の音楽家育成を目的にヤルヴィ一家が毎年夏に開催しているパルヌ音楽祭で結成された、エストニアフェスティバル管弦楽団のヨーロッパ以外の国での初演ツアーでした。ホール満席の観客は指揮者パーヴォ・ヤルヴィ氏が若い演奏家たちの魅力をどう引き立てるのか、世界のバイオリニスト五嶋みどりさんとのコンチェルトに十分な実力を発揮できるのか、張り詰めた空気が流れていましたが、演奏終了後は観客も演奏家たちも大いに満足した様子でした。初めての日本公演、大成功で終えることができました!